美白を目指すならシミを作らない「守る肌ケア」を

美白を目指すならシミを作らない「守る肌ケア」を

美白を目指すならシミを作らない「守る肌ケア」を
できたばかりの薄く小さいシミは美白化粧品などで消すことが可能ですが、できてからしばらく放置してしまった濃いシミというのは、そう簡単に消すことができません。

 

女性のほとんどが悩んでいる老人性色素班も初期の場合は市販の美白化粧品で毎日ケアしてあげることで、薄く目立たなくさせることはできますが、時間がかかりますし、完全には消えない可能性もあり、シミというのはこわーい存在ですよね。

 

シミはできてしまってからケアするのでは遅いんです。美白を目指すならシミを作らない「守る肌ケア」を心がけましょう。シミの天敵である紫外線から肌を守り、シミができにくい肌を作る3つの方法を紹介します。

 

紫外線対策は1年中徹底ケア!

 

紫外線というと日差しの強い夏に多く存在するイメージがありますよね。曇りの日や雨の日などは「紫外線も弱そうだし日焼け止め今日はいいかな」とついつい怠けてしまいがちですが、そういう人こそ注意が必要です。

 

たしかに晴れているときに比べると曇りや雨の日の方が、紫外線量は少ないですが、それでもシミを作るには十分な紫外線量が存在しています。家の中、日陰、雪の降る真冬、どこにでも1年中紫外線はあるので、本当にシミを作りたくない人は、洗濯物を干しにちょっとだけベランダに出るときも紫外線対策を万全にするようにしましょう。

 

ノンケミカルの日焼け止めを選ぼう!

 

山や海など長時間の旅行をする場合はFPS30くらいの日焼け止めを選んだ方が良いですが、普段のちょっとした外出では、ノンケミカルの日焼け止めを使うようにしましょう。FPSが高いものは紫外線対策にも効果的ですが、その分肌へのダメージも高くなってしまいます。ノンケミカルの日焼け止め肌への刺激が強い紫外線吸収剤が含まれていないので、毎日使っても安心です。また、クリームやローションタイプはさらに肌へのダメージを減らしてくれますよ。

 

旅行の2週間前からビタミンCを摂取しよう!

 

ビタミンCには紫外線を浴びた時に活発になる活性酸素を抑える抗酸化作用があります。メラニンの生成を抑えてくれる効果もありシミ対策として有名ですよね。
紫外線から肌を守ってくれるビタミンCは海や山などの旅行に行く2週間前から毎日摂取することで、シミの予防になるので是非試してみてください。

 

シミは1度できてしまうと消すことが難しい、美白を気にする女性にとって怖い存在です。紫外線は1年中存在するということを忘れずに、いつまでも綺麗な肌でいられるように毎日の肌ケアを頑張りましょう。

 

シミウスでニキビ対策