医療機関の受診も検討し、ニキビに悩まされる日々から脱却

医療機関の受診も検討し、ニキビに悩まされる日々から脱却

ニキビといえば気をつけていたのにちょっと寝不足をしたらできてしまったりして困ってしまうもののひとつですね。ニキビができてしまった場合、どのようにしてケアをしたら良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。
できてしまったニキビは正しくケアをすることで改善できる場合があります。

 

塗り薬を塗る

 

まず最も手軽に取り組める方法の一つがニキビに塗り薬を塗るという方法です。炎症を抑える薬やニキビ治療に特化した薬を直接塗って様子を見ると良いでしょう。しかし炎症が進みすぎてしまっているニキビにに関しては悪化してしまう可能性などもあるため、自分のニキビの状態に合わせて利用を検討する必要があります。
皮膚科など医療機関ではより効果の高い薬を処方してもらえることも多いので、なるべく早く直したいのであれば医療機関の受診もおすすめです。

 

正しい洗顔方法と回数を心がける

 

ニキビができてしまったから皮膚が不潔な状態なのだと思い、何度もゴシゴシと洗顔をしてしまうこともあるかもしれませんが、実はこれは間違いです。洗顔をしすぎると必要な皮脂などまで落としてしまい、逆にニキビができやすくなってしまう場合があるのです。ゴシゴシこすってしまうのも肌への負担となりますから、たくさんの泡で顔の表面を撫でるように優しく洗うことが大切です。ぬるま湯でしっかりと泡を流し、回数も一日2回を限度としましょう。
スクラブ入りの洗顔で洗うことも有効ですが、スクラブは肌へのダメージが大きいため炎症したニキビができているときには避け、週に一回ないし二回程度にしたほうが安心です。

 

食生活にも気を配ってみる

 

揚げ物などの油分が多いものやスイーツなど糖分、炭水化物など食べ物によってニキビができやすい環境を作ってしまう場合があります。そのためなるべくそれらを控え、ビタミンなど栄養バランスの良い食事内容に変更するよう心がけることもニキビ改善には有効です。

 

この他にも睡眠時間を確保したり適度な運動をしたりとちょっとしたことがニキビの改善に繋がります。
どうしても治らないときには医療機関の受診も検討し、ニキビに悩まされる日々から脱却したいものですね。