抗酸化力を持った野菜は、色が濃い野菜や匂いが強い野菜が多い

抗酸化力を持った野菜は、色が濃い野菜や匂いが強い野菜が多い

老化の原因は、紫外線による肌のダメージや食べ物や油などの酸化にによるダメージ、皮膚の乾燥や加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少によって肌にしわやたるみ、肌のハリが失われることを言います。

 

 

現代社会では、昔と比べ油っぽい食品を好む人が増えてきています。そのため野菜の摂取量が減り肌や体に悪影響を及ぼします。バランスの良い食事で老化防止に役立つ野菜を紹介していきます。まず、老化防止には老化のスピードを遅らせる抗酸化力を持った野菜を摂取することが重要になります。抗酸化とは体の中のサビを防止する作用のことを言います。抗酸化力を持った野菜とは、色が濃い野菜や匂いが強い野菜が多いです。

 

 

色が濃い野菜では、緑黄色野菜が代表的です。特に、カボチャ、にんじん、ピーマン、なす、トマトなどが挙げられます。色素が薄い野菜で、キャベツにも抗酸化作用があります。匂いが強い野菜には、ニンニク、ショウガ、ねぎ、セロリなどが挙げられます。その他にも、大豆製品やアボカド、ナッツ類などにも抗酸化作用があります。これらの食品を普段から摂取するよう心がけていくことが老化防止へと繋がるのです。

 

 

さて、これだけの野菜を紹介してきましたが、普段の生活でどのように摂取していけばよいのかと迷ってしまいます。そんな時に思い出していただきたいのは和食です。日本人ならではの調理方法が一番役立ちます。まず、昔ながらの食卓を思い浮かべます。ちゃぶ台に並ぶ、ごはんに味噌汁、焼き魚につけもの、そしてメインのおかずは煮物という食事はバランスが良く健康的な食事の見本です。

 

 

今の時代、洋食や中華、イタリアンなどの食文化が多く食事のバランスを自分で考えて摂取しなければなりません。その際は、緑黄色野菜などの抗酸化作用のある食事を選び味わっていただきたいです。老化防止に役立つ野菜を摂取することによって、いつまでも若々しい肌と向き合って歩んでいきたいものです。